キャッシングの利用限度枠の設定について

消費者金融会社でキャッシングの申し込みをするとき、利用限度枠の設定があります。この利用限度枠とは、キャッシング利用できる上限枠のことです。申し込みをするときには、運転免許証などの本人確認書類が必要になります。それに加えて利用限度枠が一定金額を超えると、収入証明書類が必要になります。収入証明書類が必要になるケースは、利用限度枠が50万円を超えると必要になる消費者金融会社が多くあります。またこれ以外のケースでは、他社からの借入金額と利用限度枠の合計が、100万円を超える場合です。このようなケースのいずれかに当てはまるときに、収入証明書類が必要になります。一般的に収入証明書類は、給与明細書か源泉徴収票か確定申告書の、いずれかを求められます。給与明細書であれば、直近2・3ヶ月のものを用意します。また源泉徴収票か確定申告書であれば、最新のものを用意します。キャッシングの利用限度枠を多く設定すると、準備するものも多くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>