銀行カードローンに始めて申し込みしました

銀行カードローン、広告はよく目にしていたものの、詳しくは内容を知りませんでした。

しかしそんな私が銀行カードローンに申し込みする事になり、生まれて初めて申し込みを経験したのです。

事の始まりは、車のローンを契約しようと思ったことからでした。

車のローンを組むのは始めての事だったのですが、まあ問題なくローンを組めるだろうと申し込みをしたところ、まさかの結果だったのです。

そう、審査の結果自動車ローンを組む事が出来なかったのです。

何故審査に通らなかったのかは分かりませんが、勤務年数が少なかったか、年収が少なかったのか、最近は自動車ローンが組みずらいとは聞いていたので仕方ないかなとは思いました。

しかし車を全額にこにこ現金払いという訳にもいかず、どこかでお金を工面しなければと考えて、銀行カードローンに申し込みをしてみたのです。

銀行カードローンは金利も安めの設定になってるし、安心の銀行名でやっているので特に不安な事なく申し込みする事ができました。

自動車ローンよりも金額も少ないし審査も多分平気だろうと挑戦したのですが、申し込みをしてすぐに審査に通ったとの連絡が来ました。

とにかくスピーディでスムーズに申し込み出来たので、始めて申し込む身としては本当に有難かったです。

車の費用にあてる事ができ、無事車をゲットする事も出来たので助かりました。

 

お金借りれる

銀行よりも消費者金融を選ぶ理由とは

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンでは、やはり銀行カードローンの方が良いイメージを持たれやすいです。その為、人によってはわざわざ消費者金融を利用する意味が理解できないかもしれません。

銀行と消費者金融という似た商品を扱う金融機関が存在する中で、敢えて消費者金融を選ぶのには理由があります。その代表と言えるのが審査と対応スピードでしょう。

銀行でも消費者金融でも、融資を受けるとなるとまずは審査が必要になります。この審査を通過しないとお金を貸してもらうことはできません。しかし銀行の審査は消費者金融に比べると基準が厳しく設定されていることが多く、何等かの条件が審査基準を満たせずに銀行からお金を借りられないという方はとても多いのです。この場合でも、消費者金融なら審査基準が甘いので、問題なく融資が受けられることはとても多いです。

また、対応スピードも消費者金融の方が上です。銀行の場合は実際に融資を受けるまでに時間がかかってしまうことも多いですが、消費者金融なら即日で融資が受けられ、急な入用でも対応できるという魅力があります。

キャッシング即日のちょっとしたコツ

キャッシングの利用限度枠の設定について

消費者金融会社でキャッシングの申し込みをするとき、利用限度枠の設定があります。この利用限度枠とは、キャッシング利用できる上限枠のことです。申し込みをするときには、運転免許証などの本人確認書類が必要になります。それに加えて利用限度枠が一定金額を超えると、収入証明書類が必要になります。収入証明書類が必要になるケースは、利用限度枠が50万円を超えると必要になる消費者金融会社が多くあります。またこれ以外のケースでは、他社からの借入金額と利用限度枠の合計が、100万円を超える場合です。このようなケースのいずれかに当てはまるときに、収入証明書類が必要になります。一般的に収入証明書類は、給与明細書か源泉徴収票か確定申告書の、いずれかを求められます。給与明細書であれば、直近2・3ヶ月のものを用意します。また源泉徴収票か確定申告書であれば、最新のものを用意します。キャッシングの利用限度枠を多く設定すると、準備するものも多くなります。

現代生活にキャッシングは欠かせない存在です

現代は昔と比較したらとても便利な生活を送れるようになっています。

しかしその反面便利な生活を送るためにはお金がとても掛かるようになっています。

昔ならお金が掛からなかったような事にでも、今はお金を使う事が多くなっていますのです。

このような現代社会ですから、収入だけではやっていけない事が結構あるのです。

出費がかさむ現代ですが、収入は昔から思うほど増えてはいないのです。

こうなるともうお金を借りなくては生活がままならない事も良くあります。

一番簡単にお金を借りられるのは身内や友人ですが、大切な身内や友人とはお金の貸し借りをしないのが無難です。

昔からお金が絡むと人間関係がぎくしゃくする事が多いですから、大事な人との間では借金しない方が良いのです。

キャッシングは利息こそ掛かりますが、身内や友人から借金をするのと大差ないと言えます。

キャッシングは貸し出し審査が簡単ですし、融資までの時間も短いのです。

ですから現金が必要な時に用立てる事が出来ます。

キャッシングこそ、私たちが日常お金を借りる先として相応しいのです。